IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも

スポンサーリンク
iphone

Q:IPHONEでワイヤレス充電ができなくなった・・。熱いだけで充電が進まない・・・

A:多分平気です。

こんなツイートしました。

IPHONESE第二世代を手に入れてワイヤレス充電で快適生活を過ごしていたのですが、最近なんだか異変に気がつき、よく見たら熱いだけでフル充電ができなくなってました。

 本記事の内容

・IPHONEのワイヤレス充電が出来ない原因
・IPHONEのワイヤレス充電について
・ワイヤレス充電Qi規格について
・ワイヤレス充電のメリットデメリット
・IPHONEが熱いがバッテリーは劣化しないのか
・IPHONE7をワイヤレス充電に対応させる

これは「マズイ、一大事」だと、ひとりで慌てましたが、原因の切り分けが出来ればなんてことはありません。

大半が80%の壁だと思います。

IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも:ワイヤレス充電について

IPHONE8以降にはワイヤレス充電機能が組み込まれておりQi規格の充電器に対応、IOSのバージョンが最新であれば最大 7.5 ワットで充電できます。

ですが、充電器のスペックによって充電の性能品質が異なってくることがあるらしいです。

ケーブルでもありますが、Appleで認定済とか。

その為、いらぬ心配がいろいろ出てくるわけですが・・・。

IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも:Qi規格について

Qi(チー)とは、ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したワイヤレス給電の国際標準規格である。現在、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されている。

wiki

2つの隣接するコイル間での電磁誘導の原理を用いたもので、国際標準規格であるとのこと。

この規格をクリアしている充電器が必須なのですが、気になるのはそれぞれ充電器の性能に差があるということ。

規格がクリア出来ていても、充電器は慎重に選んだ方がいいです。

充電とかって結構信頼性が必要だと思います。へたすれば火が出そう。爆発とかよくニュースになってますし。

IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも:ワイヤレス充電のメリットデメリット

今更ですが、私はIPHONESE第二世代からやっとワイヤレス充電の恩恵を受けることが出来ました。

ワイヤレス充電のメリットは

・充電ケーブルの抜き差しがいらない
・よってコネクタへの負担(劣化)が少ない

充電ケーブルの抜き差しがいらないので手間いらずです。

何度も抜き差しするのでケーブルの付け根の接触が悪くなったり、コネクタへの負担によって故障とか心配がなくなりました。

ワイヤレス充電のデメリットは

・なんとなく充電時間が遅い
・IPHONEが異様に熱い

ワイヤレス充電器の性能にもよるかもしれません。肌感覚でケーブルでの充電より時間がかかる気がします。

最大の心配は買ったばかりのIPHONEが異様に熱くなること。

IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも:バッテリーは劣化しないのか

IPHONEに適したバッテリー温度は下記の通り

IPHONEバッテリー温度

 Apple:バッテリーの駆動時間と 耐用年数を最大限に延ばす

35度前後が体温だとすると、ワイヤレス充電中のIPHONEは明らかに体温より熱く感じるのでそれ以上ということですね。

そして電気自動車などでも使われているリチウムイオン電池は、50°Cの温度環境下の保存劣化速度は,25°Cの温度環境下の保存劣化速度よりも大きいとの論文があります。

 リチウムイオン電池の劣化のモデル化に関する研究

ワイヤレス充電は最高に便利ですが、発熱するのでバッテリーには良くないのでしょうか。

IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも:充電が出来ない原因

ざっと探した結果ですが、IPHONEのワイヤレス充電が出来ない原因は

・充電器の指定位置とIPHONEがズレている
・IPHONEのケースが充電の邪魔をしている
・IOSによる80%充電の制御

感覚的なことですが、充電器の指定位置とIPHONEがズレていると異様に充電が遅かったりします。IPHONEが熱くなってますし。熱いから遅いのかも。

私は手帳型のIPHONEケースをつけているので、そのケースの厚みが原因かもしれないかと考えました。しかし、ケースに金属に反応するものが含まれていれば原因になる可能性もありますが、買った当初は問題なく出来ていました。

そして、IOSによる80%充電の制御についてを知るまでは不安しかありませんでした。

充電中に iPhone が少し熱を帯びることもあります。バッテリーの寿命を延ばすために、バッテリーが熱くなりすぎると、ソフトウェアが 80 パーセント以上の充電を制限することがあります。温度が下がれば、iPhone は再び充電されるようになります。iPhone と充電器を涼しい場所に移動してみてください。

 Apple:IPHONEをワイヤレスで充電する方法

私の場合、5回目ぐらいでやっと80%以上の充電ができなくなったことに気がつきました。

充電器の性能についての信頼性を疑いましたが、それなりのメーカーなので大丈夫なはず。

IPHONE充電機

充電器かIPHONEの故障とか面倒だったのですが、IOSの制御によって80%で止まるのでそれは逆に正常ということ。

IPHONEの熱を冷ましてから再度ワイヤレス充電したら下記の通り問題なく充電されてました。

IPHONE充電80%

IPHONESE第二世代を手に入れた時期はまだ肌寒い感じでした。今は気温も暖かくなったのでそれが変化点。温度が原因でフル充電ができなくなった理由については納得。

まあ、充電は止まっていますが、IPHONEも熱いままで止まっているので、それはそれでどうかと思いますが。

IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも:IPHONE7はワイヤレス充電できないので対応させる

さて、IPHONESE第二世代でワイヤレス充電がフル充電できない謎が解けたので、調子にのってIPHONE7をワイヤレス充電に対応させようかと。

Amazon.co.jp: qi レシーバー
Amazon.co.jp: qi レシーバー

安かろう悪かろうなのか、コメントがイマイチで微妙ですが、ハズレでも許せる金額なので試してみます。

IPHONEでワイヤレス充電できない!熱くなってるからピンチかも:まとめ

・IPHONEのワイヤレス充電でフル充電できない理由はIOSの80%制御の為

・ワイヤレス充電中は熱が発生するので涼しい環境で充電する

・リチウムイオンは熱による劣化があるがワイヤレス充電による劣化との関連性は不明

・ワイヤレス充電は便利すぎるのでうまく利用する

壊れて無くてよかったです。

コメント